北欧info


成田からフィンランド航空でヘルシンキへいざ出発


朝7時過ぎ東京を出発して京成線で成田空港は9時過ぎに到着。8月入ったばかりの日曜日。

 

(1)長い間恋いこがれた憧れのフィンランドへ。シベリウスに、ムーミンに会うため、そして夏の素敵な数々の音楽祭を聴くためにこれからフィンランド航空(フィンエアー Finnair)に乗ります。

 

(2)フィンランド航空はとても快適でした。かなり上空を飛んでいるためか機体が揺れることもほとんどなかったですね。料理もおいしかったし、なによりフィンランド語が聞こえてくるのが心地よい。音符に書くと5拍子系。日本語と近い感じがします。(この話はまた後日)。機内誌「Kiitos!」もめくるページごとにわくわくしています。成田からヘルシンキ・ヴァンター空港までおよそ9時間強。日本とフィンランドの間は広大なロシアの大地しかなく、その上を通過していきます。ロシアの隣はフィンランド。つまりフィンランドはお隣さんのお隣さんという近さです。北欧というとかなり遠いイメージですが、ヘルシンキはロンドンやパリより約3時間も早く着くということは最近やっと知られるようになりました。

 

(3)ヘルシンキ・ヴァンター空港からヘルシンキ中央駅まではバスで約30分。最初のホテルはソコスホテル・ヴァークナ(Sokos Hotel Vaakuna)。宿泊した部屋からマイネルヘイミン通り(mannerheimintie)を写したもの。斜め前のFORUMというデパートは目移りするほど買い物が楽しいのですが、ヴァンター空港に現地時間で夕方4時前に着き、ホテルでチェックインして荷物を置いて、さあお買い物だと思ったらもう夕方5時半。6時になると店内は一斉に店じまい。後で知ったことですが、日曜日のみ6時以降は仕事を切り上げみなさん家庭の時間になるようです。日曜日以外は遅くまで開いているお店がたくさんありました。結局スリッパと歯ブラシを買って帰りました。

その日の食事はイタリアン。旅行をセッティングしていただいた恩人のTさんとワインを楽しみました。

フィンランド・ヘルシンキへの格安ツアーはこちら

ヨーロッパの鉄道予約はこちら


こちらも合わせてお読みください


案内人→きっぴすこーる


きっぴすはフィンランド語で乾杯、スコールはデンマーク・スウェーデン・ノルウェーなどスカンジナビア半島の言葉で乾杯。なので北欧に乾杯!

ピックアップ

タグ

大切な人に贈る

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

2017年11月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページのTOPへ